「買い上げ」という「下取り」の違い

一般に車売るする事例、買取企業のほうがディーラで下取りして今やよりも高値になることが多いと言われます。それにはいくつかの意味があります。例えば、流通の違いがあります。買取企業の場合、無ストック流通を主としているので、買い取った自家用車は2週程度で売却してしまう。こうすることで余分なストック抑止の単価をカットすることができ、それを買取り価格に表現させることができます。それに対して、下取りの場合はストック日にちが長くなり易く、その分のストック抑止の経費が発生してしまうので、仕入れ価格にその分を転嫁しなければならなくなります。

また、これは根本的な誤差と言えるかもしれませんが、買取企業は仕入れが専門であるのに対して、下取りをするディーラはニューモデルを販売するのが対象だ。こういう根本的な違いが、仕入れ価格にものすごく影響を与えることが少なくありません。例えば、ディーラの場合賭け前面を基準に単純に根付けを通じていきますが、企業の奴は人気車であれば高くても車売るが出来あることを理解しているので、賭け前面よりも厳しく買い取ってもらえることがあるのです。こういう他に、買い取った自家用車のルートの違いなども、仕入れ価格に影響しています。