体躯カラーで売価が変わるユーズドカー

ユーズドカーの場合、ニューモデルとは違ってほしい車のボディコントラストが何やら見つからなかったり、元々の誕生数量が少なくて希少なボディコントラストであったり、興味なコントラストの場合は時価よりも粗方も10万くらいの売価が違ってきます。ユーズドカーの場合、興味なコントラストはどうにも手に入らないことも手広く、ストックとしても受領が厳しい結果、ユーズドカーディーラーとしても時価よりも高い対価をつけてストックを確保したいという流れになります。反対に貰う場合も、人気のあるボディコントラストは他のコントラストのおんなじ車よりも高い対価がついていることがよくあります。そういった原因から、人気があるかつ希少なコントラストの車は手に入りにくいことになります。
また、白や黒などのコントラストは車を問わずに査定金額は他のコントラストよりも高い対価が付くことが多くあります。また、その車の印象のコントラストは他のコントラストよりも高い査定プライスが付くこともあります。また、ユーズドカーは乗っている人によって加工がしっかりされて要る愛車というそうでない愛車があります。よく加工がされている場合は良いですが、そうでない愛車の場合、コントラストによっては水垢などの変色が付着してしまい、際立つことがあります。こうした場合も査定額に影響があります。